はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

素敵な夜に

2013/09/18 14:08
 
先週、今週と2回ある9月の3連休。
前半は、日本各地が大変な天気でしたが、初日の土曜日はまあまあのお天気でした。
天気予報では、雨が降る予想だったので覚悟はしていたのですが・・・。

芸術の森野外ステージで行われた、Toshinobu Kubota Special Tour with Acoustic Band★in the Universe★行って参りました。
子供達を実家に預けて、久々の夫と音楽デート。
やっぱり、この人の音楽いいな〜っ、音楽は生で聴かなきゃ・・・と、痺れた夜でした。
中学の頃に「カッコイイー!」と夢中になって以来、かれこれ20数年、途中何度もコンサートにも足を運び、
私も大人になったけど、久保田さんも51歳だって!
ますます(イマドキ風に言うと)「カッケー!」(笑)

さわやかな青空の下ではじまり、途中で日が暮れてお月様が綺麗な夜空の下で終わり・・・。
芝生の上でリラックスした気分で楽しめました。
素敵な場所で、素敵な音楽。
こんな楽しい時間がまた訪れますように・・・。

さて、後半の3連休のお天気は如何に・・・
おだやかな、休日になりますように。

Parallel World II KUBOSSA(初回生産限定盤)(DVD付)Parallel World II KUBOSSA(初回生産限定盤)(DVD付)
(2013/07/03)
久保田利伸

商品詳細を見る

これ、新しいアルバム。
リラックスした雰囲気で、いいんですよ。
スポンサーサイト
 

土曜日の夕方は・・・

2007/08/18 22:37
 
 土曜日の夕方に家に居るか、車に乗っているときは、たいていラジオで聞いているのが、Suntory Saturday Wating Bar "AVANTI"。元々、夫が好きでずっと聞いている番組でしたが、私も好きで、いつしか”土曜の5時”を忘れなければ聞くようになりました。
 今日の番組のテーマは”ウーマン・ジャズ”。とっても面白かったです。いつか生で聞いてみたい上原ひろみも登場していたし、新聞や雑誌で最近よく目にする女性の若手プレーヤー達の話がとっても面白く、彼女たちのCDが今すぐにでも欲しくなりました。やっぱり素晴らしいと思ったのが、上原ひろみのピアノ!彼女がこんなに有名になる前、学校を卒業してデビューしたばかりで、海外のクラブを走り回り始めた頃の映像を、テレビ(何の番組だか思い出せず・・・)で見たことがあるのですが、そのときからずーっと気になっています。その姿からは想像もつかない、パワーのある演奏。日本人でもこんな演奏ができる人がいるのか・・・と。その割にはCDは一枚も持っていないのですが・・・(笑)。是非、CDを買わなくちゃと思ったし、調べてみたら、11月に札幌でもライブがあるようです。ニヤリ~!
 生まれ変われるなら、私、ミュージシャンになりたいです(笑)。それも、ジャズピアニスト!単なる妄想ですから、自由ですよね(笑)。


わーらって♪
旭山動物園のカピバラ。

 

鈴木勲&OMA SOUND 札幌公演

2006/09/12 00:07
 
 夏の間からずっと楽しみにしていたこの日の夕方。私の父の知り合い(・・?実は、どういう関係だか詳しくは知らないけれど、猛烈に応援している)で、ジャズミュージシャンの鈴木勲氏のライブを聴きに少しだけオシャレして、夫と二人で出かけました。もちろん、娘は私の実家でお留守番。
 早めに出かけて、キタラレストランでまずは腹ごしらえを・・・。久しぶりに”ゆっくりと”美味しい食事を戴いたあと、気分を良くしてデザートはシェフのスペシャルデザート。洋なしのコンポートがさっぱりして美味しかったー。やっぱりたまには二人でこういう時間をもたなっくちゃ(笑)。

コンサートホールのレストランだけに、ト音記号がかわいらしい♪

Read more...

 

レイ・チャールズ

2006/08/18 00:04
 
 お盆中は、子供の喜びそうな場所はどこも混んでいるだろうし、渋滞に巻き込まれるのはゴメンなので、家で過ごしておりました。日中は、庭で遊んだり、家族で近所に買い物に出かけたり、夜は、娘が寝静まってから、夫とDVD鑑賞。
 観たいと思いながらも、まだ観ていなかった”Ray”を観ました。ジェイミー・フォックス演じるレイ・チャールズ、写真やTVでしか見たことありませんが、本人が乗り移ったかと思うぐらい素晴らしかったです。彼の音楽も好きなのでもちろん、音楽も素晴らしかった。久しぶりに心を揺さぶられる良い映画を見ました。
 目の前で視力を失ってゆく我が子(レイ)を育てながら、苦悩する母親の姿、いくつになってもレイの心の中で生き続ける母親の姿。レイ・チャールズとその母親の物語には、思わず涙が・・・。

すごく聞きたいのに、CDプレーヤーが故障中(泣)。
Ray / レイ Ray / レイ
ジェイミー・フォックス (2005/11/25)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
詳細を見る
 

ミュージックバトン

2005/06/24 00:36
 
妹のこけから回ってきた、ミュージックバトンなるもの・・・。
お友達が少ないので次には回せませんが、私の回答だけでも。

*今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
 よくわかりません。
 たまにCDをコピーするくらいで、音楽を聴くことにはパソコンを使いません。

*最後に買ったCD
 THE ULTIMATE COLECTION / Michel Jackson
 マイケル・ジャクソン、大好きなんです。今は大変なことになっていますね。
 小さな子どもの頃から、華やかな裏にいろんなことがありすぎて、かわいそうな人だと思います。エンターティナーとしては、理屈抜きに本当に素晴らしい才能だと思います。

*今聴いている曲
 THE PIANO / Michel Nyman (映画”ピアノ・レッスン”のサントラ)

*よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある曲
1.ROCK WITH YOU / Michel Jackson
 (この頃の、マイケルが特に大好き)

2.BLUE MONK / Thelonious Monk
 (ジャズの楽しさいっぱいのモンクの1曲)

3.SOMEDAY MY PRINCE WILL COME / Bill Evans
 (ロマンティックな曲をロマンティックな演奏で・・・)

4.LET'S CALL THE WHOLE THING OFF / Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
 (映画”恋人たちの予感”で聞いて、気になって探したものの、サントラでは何故かHarry Connick, Jr. のボーカルでがっかり。ルイのボーカルのものを探し当てるのに10年越しでした。パソコンで調べられるようになってあっさり見つかったときは嬉しいやら、悔しいら・・笑)

5.DON'T WORRY,BE HAPPY / BOBBY McFERRIN
 (夫が悩んだときに聞く曲だそうで・・・。同時に私の人生のモットー・・・笑)

 他に挙げようと思えば、ぽんぽん出てくるんですけどね・・・こんな感じでしょうか。ここには挙げ忘れましたが、スティービー・ワンダーも大好きで、週に1度は聞きたくなります。
 実は、夫と知り合って、仲良くなったのは音楽の趣味が合うことがきっかけの一つでした。好きな音楽の話をできる相手がなかなかいなかったんです。お互いに・・・。夫は、私がジャズ以外にマイケル・ジャクソンが好きなように、さだまさしが好きだったりします(笑)。

 音楽の好みって、人それぞれで面白いですね・・・。
 

大好き!PEANUTS!

2005/06/02 22:38
 
0602.jpg

 子供の頃から大好きなスヌーピー、といっても最近はキャラクター商品を買うことはほとんどなくなりましたが・・・。
 3枚のPEANUTSをテーマにしたCDはいずれも大のお気に入りです。
 一番最初に出会ったのは、George Winston(ブルーのジャケット)のもの。10年程前に買ったものですが、未だに良く聞きます。ピアノの音色がとても美しく、軽快で愉快な曲もあり、ジャズになじみがない人にもオススメのCDです。この人のピアノソロはとても美しく、とてもリラックスできます。
 2枚目が、Vince Guaraldi(シュローダーのイラスト)のもの。これは、何の予備知識もなくジャケット買いしたものでしたが、大当たり!アニメPEANUTSの音楽を手がけた本人の作品だったなんて・・。軽快で楽しく、家事のBGMにかけるとはかどります(笑)。
 3枚目は、大好きなピアニストCyrus Chestnut(黒人のふとっちょのジャケット)のものだから買ってみたもの。クリスマスアルバムですが、年中聞いてます。楽しい楽しい1枚です。このCyrus Chestnutは、ステージを見て大好きになりました。愉快で楽しいだけでなく、外見に似合わず(?)繊細な演奏も聴かせてくれる素晴らしいピアニストです。

 CDを買うとき、たいてい、お店をふらついて視聴してみたり、ジャケットを見てピンときたものを買ってくることが多いのですが、これらもそんな選び方をして買ってきたものです。娘が生まれてからは専らアマゾンのお世話になっております。
 調べてみると、PEANUTS関連のCDは他にも沢山出ていました。どうしよう・・・アマゾン、余計なことを教えてくれます(笑)。

*George Winston
ライナス&ルーシー~ザ・ミュージック・オブ・ヴィンス・
ガラルディ(期間限定)

*Vince Guaraldi
Oh, Good Grief!
*Cyrus Chestnut & Friends
ア・チャーリー・ブラウン・クリスマス
 
 

ちいさな地球

2005/04/27 16:32
 
0427.jpg

子どもの頃、父がお給料日になるとレコード屋の袋を下げて帰ってきたのを覚えています。
たまに、私たち姉妹のためのレコードも一緒に入っていたりしました。
その中で特に、私たち姉妹の間で大ヒットだったのがこのレコードです。

一昨年、私も母親となり、子どもに歌をうたうようになって、
自然にこのアルバムの曲が口から出てきました。
「でたらめな歌だな・・・」と笑う夫。
でたらめでないことを証明するためにも、このレコードを探すと、
98年にCDで再発売されていました。
もちろん、手に入れました。

子を持つ親にになって改めて聞き直してみて、思わず涙が出てきました。
子どもを思う親の優しいメッセージを代弁する唄でもあったのです。
全部で18曲入っていますが、どれも素敵な詩とメロディーです。
もちろん、子どもが聞いても楽しい音楽です。
私と妹は、子どもの頃、雨で外出できない日などに、
何度も何度も繰り返し聞きました。
20数年後の今、私の娘が聞いています。
実家に残っているレコードは手あかまみれでボロボロでした。
誰でも知っている童謡も良いものですが、こういうのもいいと思います。

歌は、今は料理研究家の平野レミさん(歌手だなんて知りませんでした)
と中山千夏さん。
和田誠氏のジャケットのイラストもかわいらしいです。
ちいさな地球  ビクターエンタテイメント
 

Ramsey Lewis

2005/04/17 11:45
 
子供のころ・・きっと母のお腹にいた頃から、父がかけるジャズのレコードを聴いて育ってきました。今となっては恵まれた環境だったなと思えるのですが、思春期には、流行の音楽を家で自由に聴けなくて(父がくだらないというので)、不満に思っていた時期もありました。
なんだかんだ言っても、中学生の頃、自らお小遣いで初めて買ったCDがクインシー・ジョーンズだったくらいですから、父の影響は大きく変な子でした(笑)

さて、ラムゼイ・ルイスのこのレコード(写真はCDです)は1973年発売のもので、私が小さな子供の頃、父がかけるレコードの中ではこれが大好きで得意げに踊って見せたのをかすかに覚えています。鮮明に覚えていたのは、このジャケットの怪しげなイラストで、隅々まで眺めていたので、暇な大学生だった頃CDショップで偶然見つけてしまったときには、買わずにはいられませんでした。
もちろん今でも大好きで、けだるい気分をふっとばしたいときなど気分転換用の一枚です。
ちなみに、ラムゼイ・ルイスとバンドを組んでいたモーリス・ホワイトは、脱退後に有名なアース・ウインド&ファイヤーを結成して大成功しています。そう言われてみれば、なんとなく同じ流れを汲む音楽かもしれません。
ジャズとして聞くのはもちろん、R&Bが好きな人にもオススメしたいです。

実は、ウチの娘もこれをかけると踊ります。他にはスティービー・ワンダーも好きなようです。
0417.jpg
 

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。