はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

キンのすけ

2005/04/30 00:04
 
0430.jpg

うちのインコのまるちゃんがおしゃべりする言葉に「はんぶんこね!」があります。
好物のりんごを半分に分けていた相手がいたのですが、いなくなってから1年が経ちました。

昨年の今日、6年間一緒に暮らしてきたプレーリードッグのキンちゃんが亡くなりました。
今日が一周忌です。
私が実家を出て初めて一人暮らしをし、再び実家に戻り、結婚して今の家に住むようになり・・・その間ずっとキンちゃんと一緒でした。
キンのたぷたぷしたお腹が大好きでした。小さな手も、ひんやりした鼻も・・。

我が家の大きなさくらんぼの木の下、食卓テーブルから窓越しに見えるところに静かに眠っています。
撫でてもらうのが大好きだったキン。
今日は、娘とお花を添えて、土を盛っただけのお墓を撫でました。
スポンサーサイト
 

遅い春

2005/04/29 23:27
 
0429.jpg

世の中はゴールデンウィークに入ったようです。
我が家は、どこに出かける予定もなく、夫はいつも通り家にいるので
何一つ生活は変わらないのです。
のんきな気分で、近所のホームセンターに出かけて混雑ぶりにびっくり・・。
やっぱり、ゴールデンウィークなのです。

いつものこの時期なら、もうとっくに福寿草は終わっているはずです。
スイセンもチューリップも咲いているはずですが、今年はまだです。
雪が解けてみたら、庭木の枝がかなり折れていました。
今年は、庭仕事を!!と張り切っていたわりには、何も手をつけておりません。
ゴールデンウィーク中に、折れた枝を切って、畑を耕してみようと思っています。
 

お疲れ・・・

2005/04/28 21:18
 
0428.jpg

今日は、地区会館で毎週開かれている子どもの集まりに初めて参加しました。
地域に住む幼児と親が集まって一緒に遊ぶという集まりです。

会場の体育館には、まだ起きあがることのできない赤ちゃんから3歳くらいまでの子どもとお母さんとおもちゃであふれています。
娘は、その雰囲気に圧倒されてしまってもじもじ・・・。
普段のやんちゃな娘はどこかへ行ってしまって、ずっと私の足にしがみついてうつむいています。
少しずつ雰囲気に慣れてきて、自動車のおもちゃにまたがってご機嫌・・・と思ったら、年上の男の子に引きずり降ろされて、泣き出してしまうこともありました。
そうこうしているうちに、2時間(少々長すぎます)が経ち、親子で人混みに酔ってへとへとで家路についたのでした。

写真は、ご飯を食べたあと、ぐっすりお休み中(昼寝です)の娘。
生意気なポーズで眠っています。

これからは、できるだけこういう集まりにも参加して、
親子ともども、たくましくならなくてはと思うのです。
でも、やっぱり女の集団はどうも苦手(会場には独特の雰囲気が・・・)というのも本音です。
もちろん、どの集団にも属さない人もいるようですが・・・。
これから、幼稚園の父母会やPTAなど避けて通れないことがたくさん待ち受けています。心配するのもちょっと気が早いですが、そんなことを考えてしまって疲れ気味の私です。
 

ちいさな地球

2005/04/27 16:32
 
0427.jpg

子どもの頃、父がお給料日になるとレコード屋の袋を下げて帰ってきたのを覚えています。
たまに、私たち姉妹のためのレコードも一緒に入っていたりしました。
その中で特に、私たち姉妹の間で大ヒットだったのがこのレコードです。

一昨年、私も母親となり、子どもに歌をうたうようになって、
自然にこのアルバムの曲が口から出てきました。
「でたらめな歌だな・・・」と笑う夫。
でたらめでないことを証明するためにも、このレコードを探すと、
98年にCDで再発売されていました。
もちろん、手に入れました。

子を持つ親にになって改めて聞き直してみて、思わず涙が出てきました。
子どもを思う親の優しいメッセージを代弁する唄でもあったのです。
全部で18曲入っていますが、どれも素敵な詩とメロディーです。
もちろん、子どもが聞いても楽しい音楽です。
私と妹は、子どもの頃、雨で外出できない日などに、
何度も何度も繰り返し聞きました。
20数年後の今、私の娘が聞いています。
実家に残っているレコードは手あかまみれでボロボロでした。
誰でも知っている童謡も良いものですが、こういうのもいいと思います。

歌は、今は料理研究家の平野レミさん(歌手だなんて知りませんでした)
と中山千夏さん。
和田誠氏のジャケットのイラストもかわいらしいです。
ちいさな地球  ビクターエンタテイメント
 

ふきのとう

2005/04/26 21:42
 
0426.jpg

我が家の庭のあちこちに出ているふきのとうです。
ちょっと外に出て、食材を調達できる季節がやってきました。
あさつきものびてきています。食べられるようになるまであと少し。

ふきのとうは、細かく刻んでみそ汁に入れます。
芯の部分は苦いので、周りの葉だけを細かく刻んで、
熱々のおみそ汁にぱっとはなします。
この時期しか楽しむことのできない、春の香りです。

山菜が美味しい季節ももうすぐです。
子どもの頃によく、父に連れられて山菜狩りに出かけていたので、
ポピュラーな山菜は採れそうなところの見当がつきます。
子どもと一緒に山歩きするのも楽しみです・・まだまだ無理ですが。
ちなみに、私の大好物はやはり山菜の王者、タラの芽の天ぷらです。
 

子どもの手袋

2005/04/25 17:05
 
0425.jpg

風が冷たく、寒い一日でした。
雪解けが遅かった(まだ少し残っています)せいもあって、
冬の服をしまうのをのばしのばしにしています。
そろそろ、やらなきゃいけないんですが・・・。

季節はずれですが、今年の冬に、娘のために編んだ手袋です。
既に親指がきついので、直そうかとも思いましたが、今度の冬までには全体的なサイズが合わなくなりそうです。
一晩で編み上げたものなので、惜しくはないのですが・・・

刺繍を入れて、クリスマスのオーナメントにでもしようかと思っています。
さすがに、今はクリスマス柄の刺繍をする気分ではないので、
このまま、冬物のセーター類と一緒にしまっておくことにします。
 

訂正とお詫び(甘夏マーマレードのレシピ)

2005/04/24 17:09
 
先日載せた、甘夏マーマレードのレシピを見直してみたら、間違いを発見しました。
手順5,の水をカップ1としていましたが、カップ2でした・・・。ごめんなさい。
煮詰めて行くので、仕上がりにはさほど影響がないと思われますが、ペクチン液がこしずらいかもしれません。
試して見た方がいたらごめんなさい。
 

私の教科書

2005/04/24 12:02
 
0424-1.jpg

最初に手に入れたのは、「一つの生地でつくるパン」でした。
昨年暮れにオーブンを買ってもらったので、パンを焼いてみたくなり、ネットオークションでたまたま目に入ったこの本を中古で手に入れました。
堀井和子さんという人がどういう人か知らずに・・・です。

2ヶ月ほど、最初に買った本でパン作りを楽しんでいたわけですが、パンの本では最近出た「うちで焼く丸パン」が気になって気になって・・・。
「無駄な出費はいけません・・・」と我慢していたのですが、10分も立ち読みした後、レジへ向かっておりました(笑)
もちろん、買って大正解の本でした。前者より、作業の流れがわかりやすく丁寧に書いてあります。
この本のおかげで、それまでのパンの失敗点に気づき、夫には「最近のパン、おいしくなったね」と言わせることができたのです。

堀井和子さん自身、本の中で言っているように、毎日食べても飽きないタイプの素朴なパンですが、作っていくうちにどんどん進化するんです。そして、こういうタイプのパンはお店では買えないのです。
パン作りの作業自体も、日常の家事の中に自然に組み込めるようにもなってきました。「今日は!!」と気合いを入れなくても作れる気軽なレシピだからだと思います。
私もずっと、焼き続けていたら、胸を張って「うちのパン」と言える日がくるでしょうか・・・。
これからパン作りをやってみようか・・・と思う方にオススメしたい本です。

うちで焼く丸パン
堀井和子著・文化出版局
堀井和子の1つの生地で作るパン・私のパンのおいしいレシピ
堀井和子著・文化出版局
 

セセク&ユキ その2

2005/04/23 22:18
 
0423.jpg

今朝の札幌は雪まじりの雨でした。
先週から我が家に居候の老犬セセクは、窓の外でふるえています。
寒さに強い犬の血を引いているので、若い頃はどんなに寒くても平気でしたが、さすがにちょっと心配です。
窓を開けて「家に入る?」と聞いてみたら、飛び込んできました。
そうなると、なんだかかわいそうになって、夫が暖かいシャワーで体を洗ってやり、結局今日は一日、家の中で過ごしました。
今(夜10時)も、夫と一緒に2階の仕事部屋でくつろいでいます。
セセクは、家の中で飼われたことのない犬ですが、家の中の心地よさが気に入ったようで、すぐに居間の真ん中で寝そべってくつろいでいました。

娘のユキは、大喜びです。大好きな「セセ」を触ったり、引っ張ったり、そばから離れません。
セセクは、じっと我慢・・・。本当に、優しい犬です。

久しぶりに、娘と一緒に昼寝をしました。
セセクも一緒にです。
一日、子どもと犬と戯れてだらだらと穏やかな一日でした。

写真は、一緒にテレビを見るセセク&ユキ
 

餃子!

2005/04/22 23:59
 
0422.jpg


今日は、ヨガの日でした。
ヨガ教室の日は、朝ご飯をミルクティーかカフェオレだけにして、出かけます。
カフェオレを飲みながら、今晩は餃子と決めていたのです。

やってみたら、簡単にできました。自分で食べるのだから「ぶさいく」でも構わないのです。
水餃子にして食べましたが、このモチモチ感、たまりませんね・・。

強力粉200グラムに熱湯140cc を入れ、こねて20分フキンをかぶせて放置・・・その間に具を用意して、皮の生地を棒状にのばして24分割。丸くのばして具を包んで、ゆでるだけ。
ゆで上がったら、急いで食べたいので、写真はありません(笑)
 

甘夏マーマレードのレシピ

2005/04/21 21:48
 
母から教えてもらったレシピを書いてみます。
何度か作っているうちに、最初のレシピとはちょっと変化していますが、美味しくできると思います。
少し手間がかかりますが、ほろ苦い大人味のマーマレードは手作りならではのおいしさです。慣れてくると簡単につくれるようになります。
今なら甘夏が旬ですので、興味のある方は是非おためしあれ・・。

材料 甘夏(約1キロ)できるだけ農薬の少ないもの
   砂糖(甘夏の皮と実を計って、その重さの約60%)

※ 砂糖は、グラニュー糖とキビ砂糖を混ぜるとこくが出て美味しいようです。私はグラニュー糖8に対してキビ砂糖2の割合にしています。

1,甘夏は熱い湯でよく洗い、4~6つ割りにして外皮と実を分ける。
  袋から実をはずし、別々のボウルに袋と種、果実を分ける。
2,外皮と果実(果汁も含む)の重さを量り、砂糖の量を計算する。
3,外皮をなるべく細かく千切りにしてひたひたの水で2回ゆでこぼし、
  水気をきっておく。
4,実の袋の部分を荒く刻み、ひたひたの水で2回ゆでこぼす。
5,4の袋と種を約カップ2の水で20分ほどことこと煮て、
  フキンでこしてペクチン液をとる。
6,2の下ゆでした外皮、ほぐした実と果汁、5のペクチン液を
  ホーローの鍋に合わせて2~3時間おく。
7,砂糖の半分の量を入れて、中火にかけ20~30分煮る。
  途中アクが出たらすくい取る。
8,砂糖の残り半分を入れ、とろみを確認しながら煮詰める。
  とろみは、少し小皿にとって冷凍庫でさまして見ると良いようです。
  砂糖を入れてからはあまり長い時間煮込まない方がよいです。
※とろみが丁度よくなったら、熱いうちに殺菌した瓶につめる。
 さらに脱気・殺菌をすると常温で1年ほどの保存が可能です。
 冷凍保存でも1年くらいは大丈夫です。

0421-3.jpg

   

Read more...

 

うちのジャム達

2005/04/21 13:02
 
0421-2.jpg


我が家の納戸で出番を待つジャムです。
4~5年ほど前から実家の母が甘夏でマーマレードを手作りするようになってから、マーマレードの虜です。娘を妊娠中に2ヶ月の入院生活を強いられましたが、どうしても食べたくなって母に頼んで持ってきてもらったくらい大好きです。
一昨年あたりからは自分でも作るようになり、甘夏が出回る今時期に2~3回にわけて1年分を作っておきます。昨年、夫の実家にお裾分けしたところ、気に入っていただけたようで、今年は義母にも私の母のレシピを伝授しました。

今年は、堀井和子さんのパンの本で文旦マーマレードが出ていたので試しに作ってみたところ、いつもの甘夏よりもあっさりしていてこれもまた美味しいのです。
甘夏は皮の苦みが強いので、2回ほど下ゆでしてから煮て行きますが、文旦は下ゆでなしでも丁度良い苦さに。甘夏よりも簡単なので、2回作りました。
試しに日向柑でも作ってみましたが、これもあっさりめで美味しく、簡単に作れましたが、小さくて値段が張るのでマーマレードにするのはもったいないかもしれません。
マーマレードは、パンに塗って食べたりお菓子に使う他、肉料理に使うのもオススメです。つけ込むたれを作るときに甘味料として使うと肉が軟らかく照りが出て美味しいです。

暖かくなって地物のいちごが出回る季節になったら、粒が小さくてすっぱい苺を求めてドライブに行くのが楽しみです。
ジャムと言えばやっぱり苺・・・これもはずせない大好物です。
 

ヘキサゴンのポットマット

2005/04/21 08:26
 
0421.jpg


先日から、娘の眠ったあと、ちまちまと縫っていたものが昨晩完成。
母のところにプレゼントするつもりです。
妹にもプレゼントする約束をしていますが、今度はちがうパターンでやりたくなりました。今度はどういうのを作ろうか、思案中です。
一つめ(写真奥)よりは上手に縫えました。
 

ひつじのご飯茶碗

2005/04/19 22:41
 
0419.jpg

昨晩、沖縄旅行から両親と妹が無事に帰ってきました。
ゆっくり休む間もなく、妹に誘われて妹の友人が開いている個展(シルバーのアクセサリー)を見に円山へ行ってきました。旅行で疲れている両親へ娘を預けて・・・。

ついでにのぞいたお店で、娘のご飯茶碗を買ってきました。
娘はひつじどしです。このひつじのかわいらしい絵柄を見て買わずにはいられなかったのです。うさぎの絵もとってもかわいらしいです。
実は、先日も娘用にと、大きさ違いのお茶碗をお揃いで3つ買ってきたばかりなのですが、1ヶ月も経たないうちに、割ってしまったのです。
大人と同じように本物の食器で食事を・・・と思っていたのですが、早すぎたのかもしれません。
このお茶碗、またすぐに割ってしまっては、さらにがっかりなので、もう少し練習してから使わせようと思っています。
 

颯爽と・・・

2005/04/18 20:35
 
IMG_0676.jpg

歩くのが上手になってきた娘。颯爽と歩いています。お決まりのバッグを持って・・・。
「お子さん、おいくつなの?」と聞かれて、「1歳4ヶ月です」と私、たいてい「まぁ、ずいぶんしゃんとしてるわね」とか「2歳近くだと思ったわ」だとか言われます。体型がスリムなせいか、歩き出すのが早かったので上達するのも早かっただけです。「この子、スポーツは得意になりそうだわ・・・」と、バカ親心もくすぐられますが・・(笑)

こどもを連れて歩いていると、いろんな人が声をかけてくれます。
そして、たいていの人がすれ違いざまににっこりほほえんでくれます。
なんだか、とってもあたたかい気分になります。
 

Fig(無花果)

2005/04/18 14:05
 
IMG_0744.jpg


パンを焼くようになって、ウチの冷蔵庫はドライフルーツを欠かしたことがないのです。中でも、いちじくが大好きです。パンやパウンドケーキに入れる他に、そのままおやつに食べています。
実は、生のいちじくは苦手で、5、6年ほど前に、スーパーで生のいちじくを見つけて食べてみましたが、それ以来、買ったことはありません。
北海道ではあまりなじみのない果物なので、食べ慣れていないせいかもしれません。
ドライフルーツでは相当食べているので、今なら美味しく食べられるかな・・・と、今年はいちじくが出回る時期(たしか秋だったと思います)にはもう一度チャレンジしてみようと思っています。

IMG_0746.jpg


今日は、いちじくを中に入れて、パンを焼きました。
クリームチーズなどと一緒に食べると最高に美味しいのです。
 

Ramsey Lewis

2005/04/17 11:45
 
子供のころ・・きっと母のお腹にいた頃から、父がかけるジャズのレコードを聴いて育ってきました。今となっては恵まれた環境だったなと思えるのですが、思春期には、流行の音楽を家で自由に聴けなくて(父がくだらないというので)、不満に思っていた時期もありました。
なんだかんだ言っても、中学生の頃、自らお小遣いで初めて買ったCDがクインシー・ジョーンズだったくらいですから、父の影響は大きく変な子でした(笑)

さて、ラムゼイ・ルイスのこのレコード(写真はCDです)は1973年発売のもので、私が小さな子供の頃、父がかけるレコードの中ではこれが大好きで得意げに踊って見せたのをかすかに覚えています。鮮明に覚えていたのは、このジャケットの怪しげなイラストで、隅々まで眺めていたので、暇な大学生だった頃CDショップで偶然見つけてしまったときには、買わずにはいられませんでした。
もちろん今でも大好きで、けだるい気分をふっとばしたいときなど気分転換用の一枚です。
ちなみに、ラムゼイ・ルイスとバンドを組んでいたモーリス・ホワイトは、脱退後に有名なアース・ウインド&ファイヤーを結成して大成功しています。そう言われてみれば、なんとなく同じ流れを汲む音楽かもしれません。
ジャズとして聞くのはもちろん、R&Bが好きな人にもオススメしたいです。

実は、ウチの娘もこれをかけると踊ります。他にはスティービー・ワンダーも好きなようです。
0417.jpg
 

セセク&ユキ

2005/04/16 23:09
 
0416.jpg

夫の実家の両親が10日間の旅行の間、愛犬セセクを預かっています。
もともと、夫が飼い始めた犬ですから、セセクの本来のご主人様は夫なのです。

娘は、セセクが大好きなようです。名前も覚えてしまいました。
朝起きると、真っ先にセセクが見える窓に走り寄り、「しぇしぇ・・」と呼びかけています。
甘えん坊の老犬セセクですが、小さな娘にはあまり興味がないようです。娘の方はどうやって接していいものか分からず、取り敢えず鎖を持って満足げです。セセクの表情は、迷惑そうな顔です。
10日間で、この老犬と小さな娘の関係がどう変化していくか(全く変化がないかもしれませんが)注意深く観察して行きたいと思います。
 

笑いの効能

2005/04/14 21:48
 
0414.jpg


今日は暖かないちにちでした。
娘のお昼寝のあと、自家製マーマレードをもって、いつもお世話になっている近所のおばあさん宅(私のおばあちゃんのお友達)へお届けに・・・。
私自身も小さな子供のころからずいぶんとかわいがって頂いているのですが、最近はうちの娘を連れていくと、本当に嬉しそうに笑ってくれるので、たまに遊びにいってお話相手になってきます。
昔の写真を出してきたり、亡くなったご主人のお話をしたり、楽しそうにおしゃべりするので、私はほとんど聞いているだけです。
今日は、娘の仕草を見て、ずいぶん笑っていました。普段は、息子さんとの二人暮らしでこんなに笑うことがないんだとか・・・。
今日は、ちょっと良いことをしたような気がします。帰りに、おみやげのビスケットまで持たされてしまいました。いつも頂いてばかりなので、お返しのつもりでマーマレードを届けたのに・・・(笑)

笑うことって、とても健康にいいのだとか・・・。
毎日の生活の中で沢山の笑いがあるのは、とっても健康的なことなんだと思います。
最近のお笑いブームは健康ブームの一つなのかもしれないとも思うのです。
どうでしょう。考えすぎですかね・・・。
 

まるちゃん

2005/04/13 22:00
 
この家の先住民、まるちゃんです。
私たちが結婚してこの家に住む前から、おばあちゃんとこの家で暮らしていました。まるちゃんは、おじいちゃんが元気だった8年ほど前のクリスマスに私が二人にプレゼントしたインコなのです。
近所のペットショップの飼育ケースの中から一番可愛い子を連れて帰ってきました。
まるちゃんは、自分の名前や、「オジイチャン!」「病院イッテクルネ!」などとおしゃべりします。すべておばあちゃんの日常の会話のまねです。
私と暮らすようになってからは、「ミズ、カエテヤレヨ!」など、夫の口まねもたまにします。そう、夫が私に対して言う言葉です(笑)

0413.jpg
 

複雑なキモチ

2005/04/12 14:54
 
0412.jpg

我が家の庭にもやっと春の証を見つけました。
春一番に顔を出すのはクロッカスです。
今年は、なかなか顔をみることができなかったので、特に愛おしくてたまりません。
気をつけて見てみると、プリムラも、スミレも、チューリップも・・花を咲かせる準備があちこちで始まっています。
花いっぱいの季節はすぐそこです!!

ところで・・・・。暖かくなってきてもう一つの発見がありました。
冬の間中、「どうやって暮らしてるのかしら・・」と気になっていた、ノラの黒猫ちゃん。
お隣の家の子になっておりました。お隣さんは真っ白でお上品な猫を一匹飼っていて、暖かい季節になるとリードをつけて散歩させます。
昨日の夕方、隣の奥様が白い猫と一緒に黒い猫もお散歩させているではありませんか!隣の奥様も黒猫ちゃんにご飯を与えていたのは知っていたので、きっと・・いや、間違いありません。
「冬の間、幸せに暮らしていたのね」という嬉しい気持ち、「うちにはもう来ないのね」という残念な気持ち、「私には触らせてもくれなかったのに」という嫉妬・・・複雑な気持ちが渦巻いております。
私だって・・・。ウチに入れてあげたかったのだけど、インコの”まるちゃん”がいるから、猫を飼うわけにはいかないんです。
 

ベーグル!

2005/04/11 16:45
 
0411.jpg

本日は、ベーグルに初挑戦。
並行して、甘夏のマーマレード作りもしていたので、今一歩のできでした(言い訳)。
もう少し落ち着いて作業すれば、カタチもきれいなものができるかもしれません。
失敗とは分かっていても、一応記録として残しておくことにしました。

ベーグルは、生地を発酵させたあと、ゆでてからオーブンで焼きます。穴あきのドーナツ型にした生地を鍋の中にそっと入れるとぷっくりふくらみます。これはクセになりそうです。
かれこれ10年ほど前、私も妹も実家から学校に通っていた頃、パン作りにはまっていた妹がベーグルを焼いているのをみて、「こんな作り方のパンがあるのか・・・」と興味津々でのぞいていたのを思い出しました。

今日のベーグルは、生地にハチミツを入れ、ゆでるお湯にもハチミツを垂らしているので、家中ハチミツと甘夏のいい香りでいっぱいです。
 

ターシャ・テューダーのガーデン

2005/04/10 17:00
 
0410.jpg


今日は、一日雨模様の札幌です。
雪解けは進みますが、どこにも出かけられません。

今日は、ため息が出るほど美しい本を紹介します。
この本にでてくる庭の造り主であるターシャ・テューダーさんは1915年生まれの絵本作家で、園芸家としても有名です。
この本にでている家、庭、花、動物たち・・、とにかく素敵なのです。何度眺めても幸せな気持ちになります。
素敵なだけでなく、実際に生活している家であり庭なので、生活感はたっぷりですが、とても暖かく心地良い空気が写真からも感じとれます。
いつか、自分たちの土地を手に入れたときには、こんなふうに時間をかけて愛情をかけて家を造り、庭を造りたいです。
ちなみに、この「おばあちゃん」、相当な働き者です。そうでなければ、こんなに素敵な庭は維持できません。私にできるかどうかはまた別の話です(笑)

ターシャ・テューダーのガーデン
文藝春秋・相原真理子訳
 

いちごの食べ方

2005/04/08 13:10
 
0408.jpg

最近、よくやるのが苺のハチミツ漬け。
苺はそのまま食べるのが一番おいしいですが、あまり甘くない苺を買ってしまったときや、苺がたくさんあるときに登場します。

洗って苺のへたをとってから、水気を拭き、大さじ3杯くらいのハチミツと、バルサミコ酢(私は大さじ2くらいにしてます)と、レモンのスライス1、2枚を容器に入れておきます。一晩くらい経った頃がなじんでいいようです。
バルサミコ酢がなければハチミツとレモンでも美味しいのです。

これを、アイスクリームにかけたり、ヨーグルトに入れたりして食べてます。
友人Wちゃんは、バルサミコ酢をリンゴにかけて食べるという(案外おいしいです)くらいだからフルーツと合うんですね。

写真は、半分以上食べてしまった図・・・。食べる前に撮ればよかった(笑)

 

誕生日

2005/04/07 10:55
 
0407.jpg

今日が誕生日の人。鉄腕アトム、ジャッキー・チェン、フランシス・コッポラ、フランシスコ・ザビエル、パンチョ伊藤、私。
30歳過ぎると、自分の歳はどうでもいいのです。ただ、できることなら誕生日を言い訳にごちそうとケーキを食べたい。
そう言うわけで、本日は久しぶりに焼き肉屋さんに行くことに・・・。楽しみです。

幸せに32歳を迎えることができて感謝です。
 

おさんぽ

2005/04/06 22:51
 
0406-3.jpg

まだまだ、庭は雪に埋もれているものの、気温は10度を超えるようになって雪解けもどんどん進んでいます。道路は、ほぼアスファルトが乾いている状態になったので、娘を歩かせやすくなりました。

今日のお散歩の様子です。
娘用に作ったバッグを持ってご機嫌です。中には、携帯電話とおもちゃが一つ入っています。
とにかく、何でも興味津々で立ち止まります。ひとしきり眺めたりしゃがんで触ったりしてから次の目標に向かってぱたぱた小走り・・・。その繰り返しが楽しくてしかたないようです。

娘に手をひかれて(笑)近所を歩き回るのは、とても幸せな時間です。
お花が咲き始めるのがとっても楽しみです。
 

田舎パン

2005/04/06 16:01
 
0406-2.jpg

今日は、久しぶりにライ麦入りの田舎パンを焼きました。
強力粉にライ麦粉を混ぜて、くるみとカランツを混ぜ込んで焼きました。
基本の生地にいろいろ加えたり、粉をブレンドしてみたり、カタチを変えてみたり・・・いくらでも応用がきくのも堀井和子さんのパンのレシビのすばらしさです。
今日のお昼ご飯は、これにクリームチーズを塗って、カシスジャムをのっけて。
クルミ入りのライ麦パンに、クリームチーズとフルーツのジャム・・この組み合わせって最高ですね。
こんなことをしているから、ちっとも体重が減らないんですね(笑)
ヨガの効果があってか、体脂肪率は下がってきているのに・・・。

我が家は、朝か昼にこの手の私の大好物が出てきて、夜はたいてい焼き魚と野菜の煮物などごくごく普通の和食になります。本当は、和食の方がからだにも優しいし、一番ホッとします。
 

百獣の王

2005/04/06 11:11
 
0506.jpg


大好きなブログねこまるかじつからのTBです。

動物が好きで動物園には良く行きます。これは少し前の写真になりますが。
ライオンをこんなに間近で見たのは初めて。目があっちゃうと、身動きとれなくなります。ホントです。獲物の気持ちになりました。動物園にお勤めのライオンさんでもこんなにすごい迫力だもの・・・・・・。一度にらまれてみるの、オススメです(笑)
 

ヘキサゴンの練習

2005/04/05 15:35
 
0405-2.jpg

パッチワークが好きです。チクチク地道に縫う作業が好きです。
ずっとやってみたかったヘキサゴンに挑戦です。
とにかくやってみたかっただけなので、小さなもので練習です。
六角形に切った厚紙にはめ込んで縫い合わせるので、つなげること自体はとっても簡単です。
「どうかな・・」と適当に作ってみたのですが、母に見せたところ「いいじゃない」と言われたので、調子に乗ってます(笑)
気を良くして、もう一個作ってみて上手にできた方を母にプレゼントしようかと思ってます。
最後の仕上げ、縁の処理がキレイにできなかったので不満なのです。

ちなみに、これは、ポットマットです。鍋敷きのように使ってもいいし、ティーポットやコーヒーのサーバーなどを置くときに使うと、冷めにくいし、置くときに「ゴチン」と音がしないので、愛用してます。
 

コーンブレッド

2005/04/05 10:55
 
今朝、「今日は朝ご飯どうしようか・・・」と冷蔵庫を開けるとストックしておいたパンが底をついていました!お米の準備もなんだか面倒です。

そこで、今日はベーキングパウダーでふくらませるタイプのクイックブレッドに挑戦!
パンを焼くときにまぶしてみようと買っておいたコーンフラワー(トウモロコシの粉)と小麦粉をブレンドした粉、ベーキングパウダーを、ヨーグルト、卵、バター、砂糖、牛乳とさっくり混ぜ合わせて、天板に流してオーブンで30分強焼くだけです。
材料を計って混ぜるのに5分、あとはすることがありません。
焼いている間に、冷蔵庫の残り野菜(今朝はタマネギ、セロリ、エノキタケ、冷凍の豆)とソーセージを鍋で軽く炒めて水を入れ、コンソメの素を入れてスープの準備が終了。パンの焼き上がりまで20分・・・朝のヨガタイムです。

焼き上がったら、娘と夫を起こし、コーンブレッドを切り分けて、スープの味をみて調整。盛りつけて朝ご飯のできあがりです。今朝はとっても要領よくできました!

コーンブレッドは、バターを少し塗って、メープルシロップをつけていただきました。とってもおいしい!
0405.jpg
 

  HOME  

プロフィール

はこ

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。