はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008年クリスマス

2008/12/25 23:37
 
 クリスマスの思い出といえば、ちょうどユキくらいの歳の頃、朝起きると枕元に用意した靴下に欲しかったリカちゃん人形が!それだけではなく、そばに憧れのリカちゃんハウスまで!!他のプレゼントのことはほとんど記憶がないのに、あの朝のことは忘れられません。

 さて、我が家の今年のクリスマス・・・。24日は、夕方、ユキと私で音楽教室のクリスマス会に出席し、大急ぎで帰って、ごちそうの支度、4人家族になって初めてのクリスマスのお祝いをしました。
 初めて挑戦したローストチキン、なんとか作ったケーキを見て、ユキは「ゴージャス!!」と大興奮。「どこでそんな言葉覚えたの?」と私と夫で思わず吹き出しました。
 今年初めての試みで、家族内プレゼント交換をしましたが、ユキからパパへは、私と一緒に作ったパパの顔型ジンジャークッキー。ユキから私へは、バナナ・・・。「ママ、太いから、やせた方がいいよ」とのこと(涙)。わざわざ、自分のお小遣い(おばあちゃんからもらった小銭)で、買ってくれたらしいので、嬉しいけどね・・・。
 ごちそうを食べて、片付けた後は、サンタさんへのお手紙と飲み物、お菓子を用意して、家にあるクリスマスの絵本を全部(3冊)読んで、眠りました。

 ・・・そして、朝方5時頃のこと「ママ!ママ!サンタさん来たみたいだよ!」とぱっちり目を覚まして大興奮のユキ。興奮のあまり、夜明け前に目が覚めてしまったユキは、枕元のプレゼントに気がついたのでした。こうなったら、開けて見ないわけには行きません・・・。開けてみてさらに大興奮だったのは言うまでもありません。

 さて、今年もユキは幸せなクリスマスを過ごしました。今年はルナにとって初めてのクリスマス。まだ本人にはよく判らないだろうけれど、楽しそうな雰囲気を察してか、終始ニコニコ笑顔を振りまいてくれました。
 プレゼント選びに頭を悩ませたり、一緒にごちそうの準備をしたり、娘達が寝静まった後に夫とプレゼントの仕込みをしたり・・・平凡ながらも幸せなクリスマス。
 クリスマスなので、やはり、神に感謝・・・ですね。


クリスマス

鶏さんにも感謝・・・。
スポンサーサイト
 

口笛吹いて

2008/12/23 00:40
 
 幼稚園の冬休みが始まりました。
 ユキは、最近ふけるようになった口笛が楽しくて楽しくて・・・口笛吹きながら、クリスマスツリーの飾りの手直しです。
 春には縄跳びが10回続けて飛べる程度だったのに、先日の幼稚園の縄跳び大会では63回!「とちゅうで、ドキドキしてきてつかれたから、やめたの」と欲がないのは、ユキらしいというか・・・(笑)。
 音楽教室は、マイペースで楽しんでいます。クラスのお友達よりはゆっくりペースではありますが、少しずつ上達してます。なんとか両手で弾けるようになってきました。
 気がつけば、ひらがな全部読めるようになりました。赤ちゃんの時に読み聞かせた絵本を出してきて、一生懸命読んでいます。

 夢中で何かに集中しているときのユキを、最近頼もしく感じます。毎日、真剣に遊んでいるので、疲れてコトンと眠ってしまうとか、一生懸命話してくれようとするけど「あのね・・あのね・・」となかなか話が進まないとか、まだまだ幼さも・・・。
 最近、ルナのかわいさに目を奪われがちですが、ユキの成長だって見逃すまい・・・と、欲張りな母です。

 それにしても、今年1年で、心も体もずいぶん成長しました・・・。
 
口笛吹いて
 

12月17日

2008/12/21 00:58
 
 12月17日は、ルナが生まれてちょうど100日。お食い初めのお祝いを家族でささやかに・・・。お赤飯を炊いた他は、普段とそれほど変わらない献立となりましたが、ルナに食べるまねごとをして、写真を撮りました。着物を着ての写真は年明け早々に写真館へ行こうかと思っています。
 そして、この日、ずーっと待っていた嬉しい知らせがやっと入ってきました。妹のところにかわいい女の子の赤ちゃんが誕生。ルナとちょうど100日違いの従姉妹が生まれたというわけです。出産予定日を過ぎること10日余り・・・私の出産の時と同じで、妹本人も周囲の人達もまだかまだかと待たされたというわけです。すぐにでも飛んで行きたいけれど、ルナを連れてちょっと・・・という距離ではないのです。
 妊娠中、妹はずっと男の子だと思い込んで(性別は敢えて聞かずに)いて、女の子らしいものを全く用意していなかったようなので、お祝いとしてピンク色づくしのベビー服を何枚か送りました。
 妹が住むのは、寒い寒い帯広。風邪に負けない丈夫な子に育つでしょう・・・。

 ・・・というわけで、先日「嬉しい知らせ待ち」と書いたので、何人かの友達に「まさか、新しいワンちゃんを迎えるとか?」などと、いろいろ想像させてしまいましたが、そういうことだったのでした。ルナのお祝いのこの日、忘れられない記念の日となりました。

お食い初め

離乳食が始まるのは、雪解けの頃かな・・・?
 

この寝姿・・・

2008/12/15 00:01
 
 ユキが土曜日から日曜日にかけて、夫の実家に泊まりに行っていました。イトコのお姉ちゃんがほぼ毎週お泊まりなので、遊んでもらえて楽しいようで、特に用事がなければ「一緒にお泊まりする!」ということになります。私は少しルナとゆっくりしたペースで動けるので、楽な反面、休日くらいは家にいて欲しいという気持ちもあり、ちょっと寂しかったりも・・・。自分のことを、あっさりした性分と思っていましたが、子供のことになると、結構べったりと束縛したくなるのかな・・・と(笑)。
 12月も半ば、本格的に忙しくなってきましたよ。年賀状も用意しなければならないし、クリスマスの準備もまだ・・・。寒さも本格的になってきたし、気を引き締めてがんばりましょう!
 
サッチャンお昼寝

 土曜日、ユキが出て行ったあと、洗濯物をたたみながら、ルナの相手・・・と思ったら、ちょっと目を離した間に眠ってる!赤ちゃんのこの寝姿、たまりませんね。両腕を万歳すると腕が短いのがよくわかって、かわいい・・・。床暖房の上なので、ぽかぽかして眠くなるんでしょうね。一緒に横になると、間違いなく私も眠ってしまいます。
 

3ヶ月になりました。

2008/12/13 23:38
 
 早いもので、ルナは生後3か月目に入りました。体重は6kgを超えました・・・たぶん(笑)。
 最近、おもちゃを両手でつかんで遊ぶことができるようになりました。ボールをつかんで声を出してしばらくの間一人で遊びます。

 先月覚えた指しゃぶりはかなり本格的なものに・・・。眠くなると気持ちよさそうに親指(左がお気に入り)をしゃぶってうっとりしています。勝手に眠ってしまうので、母としては、なんだか物足りない気分です。おとなしく、手の掛からない子です・・・今のところ。

 顔に息を吹きかけられたり、強い風に当たるのが嫌いです。「ふーっ」と顔に息を吹きかけると目を丸くして口をぱくぱくさせて驚きます。その表情が面白くてお姉ちゃんが何度もやりたがりますが、あんまりしつこくされると泣き出します。かわいそうだけど・・・かなりおもしろいので、ユキの気持ちもわかるような(笑)。
 
 お腹いっぱいになってもまだ飲みたいらしく、飲み過ぎて吐き戻すことが日に1、2回。朝着せた服を夜までそのままということが最近ありません。足がムチムチしてきて可愛いです。
 
 夜は、9時頃ユキと一緒に眠って、朝方4時くらいに一度お腹がすいて起きておっぱいを飲み、7時半くらいまで寝ています。この月齢としては寝過ぎでは・・・?というくらいの親孝行。

 お姉ちゃんが大好きで、ジーッと顔を見つめてにたーっと笑います。まるで花が咲くようにゆっくり笑います。この笑顔を見ると、みんなとろけてしまいます(笑)。ユキが離れて行くと、ちゃんと目で追いかけます。ユキもすごく嬉しそうです。

 ユキがおむつ換えを手伝ってくれます。「うんちだったらママやってね」と言いながら、おむつを開けて、おしりを綺麗に拭いて、新しいおむつをあててくれます。

  首もかなりしっかりしてきたので、昨日からおんぶデビュー。こうなるとますます楽です。おんぶも気に入ってくれたようで、ご機嫌にお話ししているか、眠るか・・・とにかく、機嫌がいいし、家事がしやすいので楽。
 
サッチャン3ヶ月
 

新入りさん

2008/12/09 00:41
 
 先日、毎年恒例のクリスマス市へ出かけて来ました。雨がぱらぱら降っていたので、足早にささっと見て回っただけでしたが、クリスマス気分を楽しんで来ました。。2年前のクリスマス市まで出店していた、錫細工のオーナメントの店は今年もありませんでした・・・。
 今年買ったオーナメントは、ユキが選んだケーキ屋さんのお人形。青い目がいたずらっぽくて可愛いでしょう?
 

 12月、専業主婦も忙しいです。何でも行き当たりばったりの私でも、年にこの時期だけ、やらなくてはならないことをリストアップしなきゃ・・・という気になります。と言いつつ、まだやってませんが(笑)。

ケーキ屋さん
 

大丈夫。

2008/12/06 07:43
 
  昨日の記事を読んで心配されてる方はいないでしょうか?セセクの葬儀の時、子供そっちのけでオイオイ泣いていた私を見て、義父が心配していたようです・・・。
 一人で台所に立つと、いつもいた場所にセセがいない・・・、掃除機をかける度に、「もうセセの毛がないんだ・・」などと、時折ものすごく寂しくなります。涙を流すところを見ていないけれど、夫もため息ついて「もう散歩もいらないんだ・・・」と何度つぶやいたことか。
 でも、大丈夫です。ユキと「もう泣かない」と約束したけど、こういうことは時間が解決してくれると、無理に忘れようとしたりもしません。ユキも時折思い出してるようですが、泣いたりすることはないので、大丈夫なようです。

 それよりも、今、我が家ではとっても楽しみにしていることがあるので・・・。今はまだここでは言えませんが、もうすぐ素敵な知らせが我が家に入るはずです。

窓ガラス

車の窓の霜。朝のお出かけ準備は早めに・・・、綺麗だけど厄介者です。
 

ぽっかりと・・・

2008/12/05 16:14
 
心にぽっかりと穴が空いたよう、とはよく言ったもので、まさにそんな気分です。

12月2日に、セセクが天国へ旅立ちました。
体調の変化に気づいたのが、11月の半ばでした。
病院に連れて行き、点滴をしてもらったりもしましたが、
日に日に食欲が落ち、足下がふらつき、
最後は自力で寝返りをすることもできなくなりました。

このところつきっきりでセセクを見守っていた私達は、
その日、気分転換を・・・と、
午前保育だったユキを迎えに行きその足で、家族で食事と買い物に出かけたのでした。
出かける前に・・・とルナに授乳していると、
上半身を起こし弱々しく声を上げたのが最後の挨拶だったのかもしれません。
私達が出かけるのを待って、静かに一人で逝きたかったのでしょう。
3時間ほどの外出から帰ってくると、
私が出かける前に「行ってくるね」と頭を撫でたそのままの格好で冷たくなっていました。

この世に生を受けてから16年、たくさんの人に幸せをくれたセセ。
みんなに愛されたセセの最後の数年を一緒に過ごせて、送り出すことができて、私は幸せです。

今頃、生前、彼をかわいがってくれたおばあちゃんと、
仲良く好物のかりんとうをかじりながらひなたぼっこでもしていることでしょう。
それとも、大好きな雪の中を駆け回っているでしょうか・・・。

今は、ユキやルナの存在が、違った意味でありがたいです。
寂しいながらも、泣き暮らしている暇はありません。

DSC_0050.jpg

子供が好きなセセ。できることなら、ルナの子守もお願いしたかったのにね・・・。


 

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。