はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

おりがみ

2006/04/24 23:27
 
060422.jpg
 このところ、外が寒いのと、娘と私の風邪をぶり返してしまったのとで、家の中で遊ぶ毎日です。娘に折り紙をしてみせようと・・・・。子どもの頃は、いろんな物が折れたのに、今折れるのはせいぜい鶴や風船、やっこさん・・・だめだこりゃ。
 そういうわけで、折り紙の本を書店で探してみると、結構色々出ているのですね。その中から一冊選んで、本を見ては折ってみて楽しんでいます。そうすると、存在すら忘れていた手裏剣だとか、ぴょんぴょん跳ねるカエルだとか・・・懐かしいものも沢山。
 娘のために・・・というよりは、私が楽しんでいます。思わず、折り紙を大人買いしてしまいました(笑)。
関連記事
 

コメント

そうそう!思い出せなくなってるの。この間新聞紙でカブト(頭にのせるやつ)を作ってあげよー!と、思ったのに、出来上がらず、結局、ぐしゃぐしゃの飛行機で終了。手が覚えてるかな?と、思っていたのに・・。でも、伝えていきたい大事な日本の文化だよね♪

*すまいるさん
そうなの、子供の頃に何度も折っていたから・・・と思うけど、案外覚えてないのよねー。
あやとりもそう。二人あやとりはなんとかできるんだけど、一人で作るものはさっぱり・・・。
これもまた、本で調べたりして思い出そうと思ってます。
私たちが子供の頃、雨の日の定番だったこれらの遊び・・・やっぱり子供にも伝えておきたいよね。

結構難しいですね

こんばんは。
先月折紙の本を借り、恐竜にチャレンジしてみましたが、いやあ、むずかしいものですね。結局最後まで作れませんでした。
子供の頃には、箱をいくつも作っていた記憶があるけど、今となっては折り方は全く思い出せません。
茶色い箱の千代紙?すてきですね。
何かの文様なのでしょうか。
きれいな紙で折った折り紙は、また違う印象ですね。

そうなんです

*umeさん
そうなんですよ。お手本の通り、きっちり折っていけばできそうなものですが、なかなか難しいものです。できたとしても、お手本のようにきれいには折れないんですね。
茶色の箱の紙は、東京物産展で手に入れた千代紙です。やっぱり本物の和紙は、ただの箱を折ってみても格好がつきますね。
ちょっとした小物入れや細々としたものを入れておくトレイなんかに・・・と思ったら、無惨にも娘につぶされてしまいました(泣)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/308-9564dfed

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。