はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

お腹のはなし

2006/11/27 23:43
 
 子供が3歳くらいになって、親の言うことが理解できて、上手にお話ができるようになる頃になったら聞いてみたいことがありました。
 やっと娘がそこまでたどり着いたので、夜、眠る前の時間や、お風呂で二人きりになったとき、静かに私の話が聞けるような状態のときに「ユキは、赤ちゃんのとき、ママのお腹にいたの知ってる?」と、その日によって話し方を変えて、質問しています。
 ある日、娘が「知ってる!ココ(おへそを差して)から、にょろ~んって!」と。ある日は、「聞こえた。ママの声!」。ある日は「くらかったの・・・」。またある日は、「キックキック!」。
 話には聞いていたけれど、これだけ具体的に話されると、びっくりしています。特に、”おへそ”のことを教えてくれたときには、本当に驚きました。もちろん、娘が臍の緒で母親とつながっていたことを知識として知っているはずもなく、自分の記憶で話していることは疑いようもないことなので・・・。
 子供の成長に、驚かされっぱなしの毎日ですが、その記憶力、観察力、吸収力には特に感心しています。「本当に私のお腹から生まれてきた子なのか・・・?」と思うくらい。もちろん、紛れもない事実だし、どこの子供だって同じように成長しているのですが・・・(笑)。
 反面、言葉の発達とともに、少し前までは泣いて抗議するだけだったのに、しっかり反論し、私のすることの裏をかいて話してくるのには、ちょっと手を焼いています。まあ、それも嬉しい悩みです。


ろうそくを灯すと、ほのぼのした絵が浮き出ます。娘のお気に入り。
関連記事
 

コメント

さすが!

こんにちは。^^
その話、よく聞く割には、私の身近なママからは
聞いたことがありませんでした。
やっぱり、直接お子さんの口から聞くと、
感激ですよねー絶対。
まさに生命の神秘・・・ってカンジで☆
きっと、はこさんのお話の仕方が上手だったに
違いありませんね。
以前書かれていた、お子さんが自分から進んで、
他の子供と遊んだという話(確か?)も
大好きです。(笑)
今日もほのぼのさせてもらいました。

*さにてん殿
こんにちは~。
私も、出産する前kら聞いたり読んだりはしていて、「将来、子供を生んだら是非・・」と思っていたのを、忘れずに実行できたというわけです。
私がお腹の中にいた娘の感触を覚えているように、娘もちゃんとお腹の中から母の私を感じていたのか・・・と思うとなんだか感慨深いです。
これ、せいぜい3~4歳くらいまでしか覚えていないんだそうです。
娘が落ち着いて私の話を聞いて、まじめに答えてくれる・・・という娘の精神状態に質問するというのが、なかなかタイミングが難しいのです。チョロチョロ落ち着き無い(常にそういう感じです)時に、こんな話をしても無駄なのです(笑)。
もうしばらく、チャンスを見つけては「お腹の話」を楽しみたいと思ってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/458-e8358d3b

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。