はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

育てたように子は育つ

2006/12/15 23:42
 
 いつだったか忘れてしまいましたが、妹の家へ遊びに行ったときに、ふらりと入った古本屋で目にとまり、わずか300円で手に入れたこの本・・・この先、しばらくの間、直ぐに手に取れるところへ置いておきたい本となりました。
 探していたわけでもなく、偶然私のところへ来たこの本、有名な相田みつをの詩に、佐々木正美先生(精神科医)が、子育てに関連づけてひとつ一つ言葉を添えたもの。佐々木正美先生の「子どもへのまなざし」という本に感銘を受けて、何度も読み返していきたい本だと思っていたのですが、相田みつをに関しては、好きでも嫌いでもない・・・という程度で実のところじっくり読んだことがありませんでした。
 そして、つい先日、友人宅で子ども達と一緒に昼食を食べながら話していた時に、彼女が最近、テレビであるタレントが言っていた言葉に感銘を受けたんだと言って「育てたように子は育つ」という言葉を話してくれました。そのタレントもきっとどこかで、相田みつをのこの詩を読んだのだと思うのですが、私もその友人と同じように、この言葉が心に残っていたので嬉しい驚きでした。
 この本は、気になったときに直ぐに読み返せるくらい少ない文章ですが、書いてあることは実に濃くて深いことばかりです。これから先、子どもが私達の手を少しずつ離れていって、自分の世界を持つようになり、思春期を迎え・・・子育てに悩んだり迷ったりしたときに読み返すときっと役に立つと思います。
 いつも忘れずに、心の隅に置いておきたい言葉ばかり・・・。

 『育てたように子は育つ』 
 『遠くから みている』
 『子供へ一首 どのような道をどのように歩くとも いのちいっぱいに生きればいいぞ みつを』




育てたように子は育つ?相田みつをいのちのことば / 相田 一人、佐々木 正美 他
関連記事
 

コメント

この言葉、以前妹が教えてくれて、
私の中でも、大きな言葉です。
短いのに、とても深い。
でも、つい気負ってしまう。

『遠くから みている』

これ、いただいていきます(笑)

「育てたように育つ」何度聞いても心に染み渡りますねぇ~。娘の言葉使い一つにしたって、私たちから発せられる言葉ばかりだしね。
なんかね、今妊婦だからかもしれないけど、元気に生まれてきてくれれば、それだけでいい!って思い、産まれてあんなに喜び、感謝したのに、その思いが少し薄くなりそうな気配がチラチラ。目の前でわがままを言う娘にイライラしたりね。笑。
私たちのもとに産まれてきてくれた命を大事にする責任と感謝と・・再確認する一日になりました。

*rokoさん
こんばんは。
遠くでみていることが、実は一番難しいことですよね。
私もついつい手を出しすぎて、夫に注意されます。
母性の一面でもあるらしいですから、難しいですよね。ついつい口や手が出てしまうのは本能ですから(笑)。
今までは、一心に本能の赴くままに愛情を注ぐことが娘にとって一番の栄養と思って育ててきましたが、
そろそろ、少し離れたところから見守ってあげるということも必要になってきたのかな・・・と思うこのごろです。子育ての醍醐味はこれからですよね。
これからは理性をもって、育てていかなければならないな・・・と思ったところです。

*すまいる殿
先日、一緒にベビー服のカタログ眺めながら、私も思い出していたのでした。ユキと対面出来る日を心待ちに過ごした幸せな日を・・・。ホント、あの頃の子供に対する謙虚な気持ちは忘れてはいけないよね。
ありがとう。次の子を授かる前に、大事なことを思い出させてもらいました。
相田みつをのこの詩に対して、佐々木先生は、こう言ってます。
「時代や文化の影響を自分の力で上手に取捨選択できるように、自分の存在価値を実感できるような子どもにしておいてやればいいと思う。あなたはあなたのままで、他にかけがいのない価値がある。君は君の道を、ただひたすらに歩めば、それで十分である。与えるべきメッセージはそれだけであろう。」・・・と。そう信じられる親になりたいと・・・。
うーん、深いけれど、心にすんなり染み渡るメッセージ。是非、自分でじっくり読んでみて。

ドーターちゃん、せめてお姉ちゃんになるその日までは、出来る限り無邪気な願いを叶えてあげてね。「わがまま」なんて言わないで(笑)。一心に注いだ愛情は、きっとドーターちゃんにもママにもパパにもこれから先ずっと大切な心の栄養になるはずだと思います。これから先、すまいる家の長女としてママやパパを助けていかなきゃいけない重要なポストなんですから・・・。
・・なんてね。自分に言いきかせてます(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/467-24a09375

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。