はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

北の花薪能

2007/07/24 10:20
 
 先週、3ヶ月のヨーロッパ旅行から義父母が帰国しました。そして、昨日、出発前からの義母と一緒に行く約束していた能と狂言の公演があったので、娘と夫に留守番をお願いして行ってきました。
 六花亭主催の「北の花薪能』。北海道神宮の境内に舞台を作り、日が暮れて行く中、篝火と少ない照明、笛と鼓とお囃子の響く中、狂言『髭櫓』では笑い、能『枕慈童』では、能面をときらびやかな衣装が何とも美しく、幻想的で、細かい意味は分からなくとも、観ているだけも優雅な気分になりました。能についてはあらすじを予習して言って正解!狂言は、現代の言葉遣いに近く、予習なしでも理解できたと思います。
 日本に生まれたからには、こういうのを一度観てみたかったのです。あとは、歌舞伎、それから寄席・・・。能も狂言も機会があったら別の演目も観てみたいな・・・と。


客席はほぼ満員。和服姿の人もちらほら・・・。大人になった気分です(笑)。
関連記事
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/557-55852b27

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。