はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ぶるっ・・・

2008/09/24 13:39
 
 9月に入ってから、例年にないくらい暑い日が続いていましたが、やっと秋らしく・・・。今日なんかは、一日寒く、そろそろ・・・と、ストーブのことなんて考えちゃいました。
 夜になった今は、重ね着してもどこかスースー寒いので、とっとと布団に潜り込むのがよさそうです(笑)。
 写真は、ベビーベッドの上に新しくつるしたモビール。一応、コウノトリなんですが、「鶴?」と言われます。ベッドの主がこれに気づくまでは、もう少しかかりそうです。
 
モビール


↓出産の記録・・・続きです。

 ・・・先日の続きです。
 午前2時を回り、いよいよ痛みに耐えるのが辛くなってきた頃、病室から分娩する部屋へ移動しました。それまで眠って待機していた娘も目を覚まし、一緒に移動したものの、もう少し時間がかかりそうだということで、部屋を出て母と外で待機。さらに、痛みもピークに達する頃に助産師さんの「意外と子供は平気だから、呼んでも大丈夫よ」のアドバイスで、分娩台に乗る私の近くに呼び寄せました。助産師さんの言った通り、私の苦しむ姿にも動揺せずに「ママがんばって!」と腕をさすってくれるユキ。こうなっては、がんばるしかない!気合いを入れ直しました(笑)。
 明け方4時を回り、子宮口が全開して、いよいよ赤ちゃんとの対面が近づいて来ましたが、時間的に人手が少なく、助産師さん一人と助手の女性二人での分娩・・・。赤ちゃんが誕生してから、やっと院長先生の登場と、何とも静かで落ち着いた雰囲気の中で、全くの自然分娩で出産できました。
 娘は最後まで怖がることも取り乱すこともなく、夫と一緒に生まれたばかりの赤ちゃんの臍の緒を切ってくれ、赤ちゃんを抱っこすることもできました。
 赤ちゃんは元気だし、予定日を11日も過ぎた割には、体重が3328gと大きくなりすぎていることもなく、所要時間7時間余り、安産と言えるお産だったと思います。
 それにしても、生まれる直前までの強烈な痛みと、生まれた直後のあのすっきり感のギャップ・・・それと、赤ちゃんの元気な産声を聞いた瞬間の安堵感・・・これだけは何にも代え難い快感なのであります(笑)。ルナの産声は大声で泣きながらうがいをしているような声でした。ユキのときよりも元気で大きな声だった気がします。
 ・・・出産直後のできごとは、また次回。
関連記事
 

コメント

今日は初ストーブしちゃったよ。

*smile殿
実は今朝から、ウチも(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/671-65f5a194

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。