はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

おたる雪あかりの路

2013/02/12 22:18
 
家族で雪祭り見物に出かけるのが、ここ数年続いていましたが、今年はちょっと別のところへ・・・。毎年行ってみたいとおもいつつ、行く機会がなかった小樽雪あかりの路へ。ちょっと調べてみたら、今年で15回目にもなるんだとか。

昼過ぎに自宅を出て、5時近くに小樽へ到着。暗くなるまでに少し時間があるので、下見をしつつ、小樽らしい昭和の香りのする喫茶店で早めの夕食。しっかり食べて(ユキの食欲に改めてびっくり)、背中にカイロを入れて準備万端。
明るいうちに通った、メイン会場である旧手宮線(今は使われていない線路)をゆっくり見物。
これが、暗くなると本当に暖かな雰囲気でキレイなんです・・・。大きな雪像はありませんが、子供達の目線の高さにかわいらしい手作りの雪の灯籠があっちにもこっちにも。明かりはすべてろうそくなので、ゆらゆら暖かい色合いで、これまたホッと。
小樽雪明かり2

ボランティアのおばちゃん達が、小さく切った餅を炭火であぶってサービスしてくれるコーナーもあり、ルナを連れていると「ほれ!たべてきなさい」とあっちでもこっちでも手招きされ・・・(笑)。
制作も、毎日一つ一つ火を入れて行く作業も、ほとんどがボランティアの手でされているんだとか。
P2111577.jpg

雪祭りの巨大雪像と最新技術を駆使した照明の美しさも良いけれど、これもまたいいね・・・と。
手作り感がたっぷりで、初めて見に行ったのに懐かしい感じがします。
もう一つのメイン会場である運河周辺は、ルナの体力に合わせて「また来年ね」と遠くから眺めただけでしたが、運河の水面にもガラスの浮き球に入ったろうそくが浮かべてあってキレイでしたよ。
今週末までの開催なので、興味のある人は是非。
平日の夜ならもっとゆっくり散策できるのかも・・・デートにも良さそうだし、子供連れでもゆっくり楽しめるかと。

小樽雪明かり


帰りには、冷えた体を温めるつもりで温泉セットを持参して・・・。
温泉もいいけど、小樽だし、銭湯なんていうのもいいですよ。
関連記事
 

コメント

まさに

はこちゃん好みのイベントだね、これ。

ベリーベリーストロベリーも、さかい屋もしばらく
行ってな~い! 行きた~い!

Re: まさに

りこすけちゃん、コメントありがと♪

子供が喜ぶから・・と毎年行ってたけどさ、
雪祭りのような人混みは、本来大の苦手なわけで・・・。


りこすけちゃん、気がはやいけど、車のお披露目にさ、
女子会ドライブなんてどお???(笑)
さかい屋、懐かし〜い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kita405.blog6.fc2.com/tb.php/851-b4aa9055

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。