はっぱのは

日々の生活の中で拾い集めた小さな幸せ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

イライラ虫

2013/02/18 10:14
 
2月も半ばを過ぎようとしています。今が一番辛いのよねー。
私がイライラしてると、家族みんなに伝染するの・・・「あーまたやっちゃったな」と反省しているところに、長女の調子外れのリコーダーの音、判っているのにまたイライラスイッチが・・・。
辛い週末でした。

もうこれ以上いいのに・・・・と思っているところにドカドカ雪が積もるし、シーズン始めは「運動不足解消に!」と張り切ってしていた雪掻きのせいで腰が痛いし・・・。
寝る前に書く日記も、このところため息混じり。ふと、見ると去年の同じ日も同じようにうんざりしていました。仕方ないのかーと。

イライラしたり、落ち込んだり・・・気持ちそのものをコントロールするのは難しいけれど、散らかった部屋を綺麗にしたり、引き出しの中を整理したりして、スッキリしたい気持ちの変わりに、身の回りを片付けるとあら不思議、気持ちも少しスッキリしてイライラが解消するんだそうですよ。

3月になれば、気持ちも上向きになってくるのも毎年の経験で判っているのです。
パパパっと片付けて、掃除して、ひな人形を飾って、ついでにお花もいっぱいにしてみましょうか。
 

おたる雪あかりの路

2013/02/12 22:18
 
家族で雪祭り見物に出かけるのが、ここ数年続いていましたが、今年はちょっと別のところへ・・・。毎年行ってみたいとおもいつつ、行く機会がなかった小樽雪あかりの路へ。ちょっと調べてみたら、今年で15回目にもなるんだとか。

昼過ぎに自宅を出て、5時近くに小樽へ到着。暗くなるまでに少し時間があるので、下見をしつつ、小樽らしい昭和の香りのする喫茶店で早めの夕食。しっかり食べて(ユキの食欲に改めてびっくり)、背中にカイロを入れて準備万端。
明るいうちに通った、メイン会場である旧手宮線(今は使われていない線路)をゆっくり見物。
これが、暗くなると本当に暖かな雰囲気でキレイなんです・・・。大きな雪像はありませんが、子供達の目線の高さにかわいらしい手作りの雪の灯籠があっちにもこっちにも。明かりはすべてろうそくなので、ゆらゆら暖かい色合いで、これまたホッと。
小樽雪明かり2

ボランティアのおばちゃん達が、小さく切った餅を炭火であぶってサービスしてくれるコーナーもあり、ルナを連れていると「ほれ!たべてきなさい」とあっちでもこっちでも手招きされ・・・(笑)。
制作も、毎日一つ一つ火を入れて行く作業も、ほとんどがボランティアの手でされているんだとか。
P2111577.jpg

雪祭りの巨大雪像と最新技術を駆使した照明の美しさも良いけれど、これもまたいいね・・・と。
手作り感がたっぷりで、初めて見に行ったのに懐かしい感じがします。
もう一つのメイン会場である運河周辺は、ルナの体力に合わせて「また来年ね」と遠くから眺めただけでしたが、運河の水面にもガラスの浮き球に入ったろうそくが浮かべてあってキレイでしたよ。
今週末までの開催なので、興味のある人は是非。
平日の夜ならもっとゆっくり散策できるのかも・・・デートにも良さそうだし、子供連れでもゆっくり楽しめるかと。

小樽雪明かり


帰りには、冷えた体を温めるつもりで温泉セットを持参して・・・。
温泉もいいけど、小樽だし、銭湯なんていうのもいいですよ。
 

こんな過ごし方

2013/02/10 10:10
 
本を読みたいという気持ちは常にあるのだけど、日中は「ゆったり座って読書」なんて時間はなかなか作れず、夜は夜で子供達が眠ってしまって、ホッとひと息ついたら昼間やり残した書類の整理など・・・。さて、布団の中で本をと枕元に持っていって、本を開く前にちょっと娘の寝顔に見とれているうちに眠気が・・・言い訳ですが(笑)。

これだったらと、図書館で借りてきた村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』、小川洋子の『冷めない紅茶』。いずれも読みやすい短編集を2冊(PCの前でクスッと笑った人・・・いるでしょう?)。
夕食後、お茶を入れながら、食卓テーブルに出したら、夫が「お!村上春樹か・・・」と手にとって、読み始める。夫が「読んでごらん」と言うので、追いかけて私もそれを読むという感じで読み、「どうだった?」と、そんな感じでかわりばんこに読んでいます。こんな本の読み方も面白い。

いくつかお話を読んだところで、「ああ、やっぱりね−」と。
うまく言えないのですが、私と夫では、感じ方が違うんだなと改めて。本でも映画でも、私は淡々としたストーリーの中に自分で想像する余地がある物語が好き。夫は、少々小難しくても、スッキリおさまりのいいのが好き。
たとえば『アイロンのある風景』、私は好きですが、夫は「なんだかね、村上春樹だねー」とスッキリしない様子。こういう好みって、文系頭と理系頭と関係あるのかしら?と思ったり。

小川洋子はどうかしら・・・。私は、自分が好きだから借りてきたのですが、どうでしょうねー?

夕食後のホッとひと息の時間、お茶を飲みながら夫と本を読む。「子供がいなかったら、こんな感じかな?」それも悪くなかったかもね・・・と。
たまたま、その日、その時間、子供達はテレビのポケモンに夢中だっただけですが・・・。


神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
(2002/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る



冷めない紅茶 (福武文庫)
 

ふう。

2013/01/21 00:07
 
長い冬休みも今日でおしまい。
明日から、ユキは小学校、ルナは幼稚園、パパは・・・・大学の講義は既に始まってますが、仕事も忙しいようで(ありがたいことです)。
冬休みの宿題、ギリギリになってなんとか間に合うカタチにしたユキ。それを「まったく・・・」と私と夫。
・・・でもね、子供達が寝静まったあと、ルナの幼稚園の支度をごそごそと始める私。「クレヨンが1本足りなーい!!洗っておいた上靴が見あたらない〜!」ユキのこと言えませんな(苦笑)。

今年になってから、ランニングはたったの1回。毎日あまりに寒すぎて、走る気になれず・・・。これからは、比較的暖かいお昼前後に走りに行けるので、最低でも週1回ペースを戻せたら・・・と、気持ちも新たに。

ささ・・・夜更かししてる場合じゃないです。
明日から、また頑張りマース!
 

あけまして

2013/01/06 01:04
 
あけましておめでとうございます。まだ、大丈夫ですよね(笑)。
年末恒例の夫の実家での家族総出の餅つきから、私の実家での大晦日の食卓、年が明けてから両方の実家での新年会・・・毎日ご馳走続きで体が悲鳴を上げています。そんなことでも体の衰えを感じる夫と私(笑)。
久しぶりに家族全員が揃い、ご馳走を囲んで和やかな会話、駆け回る子供達・・・ありがたいなぁと、心から思います。

今年は、とうとう40歳になります。10年前、30歳になる年のお正月は、ケニアで迎えたのでした。ずーっっと憧れていたアフリカ旅行から帰ってきて、心身共にパワーアップしたところに、ユキを妊娠していることが判明し、それからの10年は子供中心の毎日。当初の予定では、仕事も育児もバリバリこなすカッコイイ母親になっているはずでしたが、現実はそうはならずに、専業主婦歴10年を迎えてしまいそうです。
私の人生、これでいいのだろうかという迷いがないわけではありませんが、「今、できることを一生懸命・・・」自分に言い聞かせて今年も一年、肩の力を抜いて、強く、明るく!
そのためにも、「今年も1年、家族が健康でいられますように・・・」と、お賽銭もちょっと奮発して(笑)、お祈りしてきたのでした。結局のところ、それが私にとって一番の望みです。つくづく、私は「主婦なんだなぁ」と思ったのでした。

なんとなく続けているブログ、いつまで続けていくんだろう・・・と思うのです。
ここで知り合って現実の友達になったり、顔も知らないのに心配してくれて励まして下さる人がいたり、今更ながら不思議なご縁だな・・・と。そのほかに、昔からの友達も読んでくれていたりもします。
ちょっとした私のつぶやきが、その日の暇つぶしや、晩ご飯のヒントになったり(そんなこと意識して書いちゃいないのですが)、ちょっとでも気持ちが軽くなったり・・・。そうしたら、米粒・・・いや、ごま粒ほどでも人の役に立つことがあるかな、なんて思っていて、とりあえず、まだ続けていてもいいのかな、なんて思います。

そんなわけで、皆様の健康と幸せを祈って・・・。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


おじいちゃんと繭玉飾りの孫たち。お正月らしいひとこま。

kagamibiraki.jpg
剣道の稽古も始まりました。てきぱきと身支度する子供達・・・ほれぼれしちゃう(笑)。



 

大晦日

2012/12/31 12:10
 
 さあ、大晦日。
 たった今、子供達を連れて夫が買い物へ。私は、残りの掃除と料理の担当。
 両方の実家へ手土産、ピーターラビットの絵本3冊(あと3冊で全巻)、クーピーペンシルの不足分、来年のカレンダー・・・。

 さて、大晦日・・・(笑)。
 今年は、いろいろありました。
 夫は、大学生活を楽しみつつ、仕事も頑張っています。自分の半分以下の年齢の同級生と一緒に机を並べて・・・話を聞くだけでも楽しいです。
 ユキは、今年始めた剣道、真面目に稽古して大会デビュー・・・初心者の枠ではありますが、優勝することができました。とにかく、(親バカですが)ユキの剣道姿は凛々しくてカッコイイ!
 ルナは、今年から幼稚園へ。家でも幼稚園でも、マイペース。まだポヨポヨで、かわいいチビちゃんですが、「こう」と決めたら頑固ちゃん。案外一本筋が通ってるのかも・・・。
 私は、苦手だった長距離走を始めて、すっかりはまってしまいました。札幌マラソンでレースデビューするつもりでエントリーしましたが、法事と重なり泣く泣く諦め、せっかくだから近所のおじさんに(全然、平気だったようです・笑)、代走してもらいました。最近、忙しくて週に1回ペースでしか走れていない、子供達とポリポリお菓子・・・と思ったら、体重増えてる。ホント、正直過ぎる体。ランナー体型には程遠のですが、めげずにがんばりますよ。来年は、10㎞とハーフマラソン。
 今年も何事もなく、過ぎてゆきそうです。世の中を見渡すと、不安定で心配事もつきません。家に帰ってきて、暖かくて、くつろげて・・・こんな時代だから本当にありがたいと思いますね。
 さあさ、家族が帰ってきて、くつろげるよう、片付けて、美味しいもの用意しますよー。もうひとがんばり!
 それぞれ、暖かいおうちで、良いお年をお迎えくださいね。


これ、夫からのクリスマスプレゼント。やっと私のところに!これでコーヒー飲むと優しい気持ちになれそうな気がして。


 

+5歳肌

2012/12/28 01:01
 
 冬至も過ぎて、今年のクリスマスも無事に過ぎて行きました。昨日は、クリスマスの片付け、今日からお正月に向けての準備。
 今年のクリスマスもまた・・・という感じですが、プレゼントが楽しみすぎてなかなか寝付けないユキ姉さん。「眠ったかな?」と思っても、すぐに目が覚める・・・の繰り返しで3時くらいまで付き合わされました。
 その上、再放送していたものを録画してあった、NHKのドラマ「はつ恋」を夫が寝静まった深夜に・・・で、連日の寝不足。しかも、毎度泣きはらして布団に入る羽目になるし・・・。肌は荒れるし、目にはものもらい(何年ぶりでしょう・・・)。一気に5歳は老けますね。
 そして、ドラマは評判通り・・・切ないお話だけど、面白かった。でも、恐ろしいね・・・主人公の気持ちはわからないでもない。そんな恋、したことないけど(笑)。
 さあさ、もう寝ましょう。年賀状も書いたし、大掃除も3分の1程終了。今年は、余裕をもって新年を迎えられるでしょうか。無理でしょうね。でも、なぜか気持ちには余裕があります・・・・というか、もう寝なきゃ。

さっちゃんガラス
先日、ガラス職人の友人Kさんの勤める工房で、ガラス吹き体験を。特別に、とルナまで・・・最年少記録。大人3人がかりでサポートしてもらって・・・超ご満悦の4歳。
 

もうすぐ冬至

2012/12/17 10:05
 
 日が短くなってきましたね。まだまだ冬は始まったばかりでも、冬至を過ぎるちょっと気持ちも明るくなりますね・・・今週の金曜日が冬至、もうぐすです。

 さて、先日観た映画「その夜の侍」のことがなんとなく、頭から離れず・・・でいます。結局のところ、割と好きな部類の映画なんじゃないかと(笑)。で、ちょっと付け加え・・・。
 若い頃の私には、ちょっと理解できなかったかもしれません。人の命がかかわるような大きなことじゃなくても、こういうどうしようもないことって、誰にでもあるんじゃないかな。無理矢理なかったことにして(そんなことできないんだけど)進まないと、どうしようもないことってあるよな・・・と、それでも人とかかわって生きてかなきゃいけないなと思うもの・・・。そんなことを、改めて考えました。
 おさまりどころのなさが、この物語のおさまりどころというか。
 そんなわけで、誰にでもお勧めというわけではありませんが、こういう映画もあってもいいかな、という意味では面白かったです。ただし、映像的に美しいわけでもないし、観た後に爽快な気分になるわけでもありませんので・・・。

 月曜の朝から、やること山盛りなのに、ちょっと現実逃避。ダメだなぁ、私。さぁ、がんばろう。


夕方になったら、ろうそくに火を灯して、ひと息入れて・・・。ココにもムーミン・・・わかりますか?コーヒーか紅茶を一杯飲んだら、子供達が寝るまでの時間、母さんがんばるのです。
 

その夜の侍

2012/12/16 01:21
 
 レイトショーなんて、いつ以来でしょう・・・。
 久しぶりに街へ一人で買い物に出て、遅くなったついでに映画を観てきました。なんとなく「侍」だし(娘が剣道を始めてから「侍」とか「武士」という言葉に反応しちゃう私)、「観たいな・・・」と思っていながら、「きっとそんなこと言ってるうちに、終わっちゃうんだろうな」と思っていた『その夜の侍』観てきましたよ。
 晩ご飯を食べ損ねていたので、見終わったら、ちょっと軽く何か食べて帰ろう・・・と思っていたのに、まっすぐ家に帰りたくなりました。なんか食欲も失せる感じ・・・で、帰って来てほっとしたところ。
 なんか、見たくないものを見てしまったというような・・・。「ああ面白かった」とは絶対に言えないし、「オススメ」とも言えない。・・・かといって、観なきゃ良かったというわけではない。話のおさまりどころがわからないままですが、かえってこういう映画って記憶にのこるんだよな・・・と。
 
 ところで、土曜の夜のススキノは、さすがに賑やかでしたよ。明日(もう今日ですね)は投票日だし、「最後のお願い」もたくさん。帰りの地下鉄もバスも混んでる上に、酔っぱらいの臭いがプンプン。うーん、こんなときは、自分もちょっと酔っぱらいの方が楽だったかも。今日も雪が降る札幌の夜。
 さあさ、気分がすっきりしなくて、なんだか目が冴えてしまっているので、何かちょっと飲みながらどうでもいい読み物でも・・・。
 
 

12月になりました

2012/12/05 08:37
 
 早いもので、今年もあと1か月を切ってしまいました。12月だというのに、雨音で目が覚めた今朝、住宅街の路面はつるつるスケートリンク状態、歩くのも車を運転するのも恐ろしい・・・。

 11月末に、ユキの誕生日。毎年毎年、増えるろうそくも9本。増えたろうそくはたったの1本だけど、1年のうちに、体もぐっと大きくなったし(この間新調した靴なんて22.5センチ!)、新しいこともどんどん覚えました。それだけで充分だと、こうやって静かな時間になると思うのですが、ついつい要求することも多くなって、ガミガミ母さんになってしまう私。だめだなぁ・・・と思うのです。生まれて来てくれただけでありがたいと思ったあの日を思い出して、反省するのです。

yukinoBD.jpg
本人のリクエストで、チョコクリームのケーキを。大好きなムーミンのキャラクターのビスケットを飾って・・・。

 土曜日、毎年恒例になっている、大通のクリスマス市へ。最初の土曜日ということもあって、ものすごい混雑でゆっくり見物できたとは言い難く・・・これはリベンジしたいところ。写真は、ついでに・・・と寄ったサッポロファクトリー。巨大ツリーが目を引きますが、ツリーの後ろにあるポインセチアの見事なこと・・・。
 子供達とツリーも出したし、アドベントカレンダーも飾ったし・・・クリスマスももうすぐです!

クリスマス

ポインセチア

そういえば、ずーっと会いたかった人が夢に出て来てくれました。憧れのスターとかそんなんじゃなくて、去年亡くなったおばあちゃんなのですが(笑)。若い頃から自転車に乗れなかったという祖母、夢の中ではヨタヨタしながらも、乗ってました!「お昼をご馳走するから、あんたは子供達連れて車でいらっしゃい。先にお店に行ってるね」と言って自転車で先に行こうとするおばあちゃん。ヨタヨタ危なっかしくておばあちゃんから目が離せなくて、結局、子供達と走って付いて行く私。目的地に行く前に目が覚めてしまいましたが、なんとも不思議でリアルな夢。この1年、夢でもいいから会いたいと思っていたので、じわっと嬉しい朝でした。
 

静かな夜に・・・

2012/11/27 23:39
 
 今日は、朝から降っていたみぞれが、次第に本格的な雪に・・・昼前には猛吹雪。
 昨日までの茶色の景色から一転、真っ白の世界に。すっぽり雪に包まれて、明るくなった景色に月明かり。毎年、シーズン始めのこの新鮮な感覚はいいなぁと思うのです。そのうち、うんざりする日がくるのもお約束ですが(笑)。

 先日、友人の涼虫さんがおすすめしてくれた、映画「バグダッドカフェ」のDVDを鑑賞。たしか、大学生の頃か卒業したばかりのころか・・・観た記憶がありますが、うーん。そんなわけで、初めてみる映画のように楽しみました。いえ・・・途中から思い出しましたが、こんな素敵な物語でしたっけ?(笑)
 大人向けの絵本のような映画。どこかおとぎ話のような不思議な雰囲気があるのは映像のせいでしょうか・・・。ふわっと幸せな気持ちになれます。主題歌の「コーリング・ユー」はあまりにも有名で、いろんな人がカバーしていますが、やっぱり名曲。映像と一緒に聴いて、ますます納得。
 おとぎ話といえば、少し前にやっと観ることができた「しあわせのパン」。北海道で撮った、大泉洋さんと原田知世さん主演の映画ですが、これもそんな雰囲気があったかなぁ・・・と。映像も、物語も似てはいませんが、なんとなく現実味がないというか。現実にこんなことあるかないかなんて考えずに、ふんわり雰囲気を楽しむ感じ・・・。この映画もふんわり良い気分になれること請け合い。音楽は、矢野顕子with忌野清志郎の「ひとつだけ」。これも大好きな名曲、涙がでちゃうくらいに・・・。
 どちらも、夜の長いこの季節、ゆっくり観るのにいい映画だと思います。
 さあ、次は、タクヤ君おすすめの「ピアノ・レッスン」。これは、映画館で観て、すぐにサントラを買った程、マイケル・ナイマンのピアノに痺れちゃった映画。大人の恋のお話(現代における不倫とはちょっと違う気もするけど、平たく言うとそう・・・)ですが、私も母となった今なら違った視点で見えるかも・・・。ところが、近所のレンタル店で見あたらず。そんなにマイナーな映画じゃないですよね・・タクヤ君?

久々丸パン
冬は、ゆっくりじっくりパンを焼く季節でも・・・。


バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-rayバグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray
(2010/06/26)
マリアンネ・ゼーゲブレヒト、CCHパウンダー 他

商品詳細を見る


しあわせのパン [DVD]しあわせのパン [DVD]
(2012/07/06)
原田知世、大泉洋 他

商品詳細を見る


「ひとつだけ」矢野顕子with忌野清志郎  
http://www.youtube.com/watch?v=R8DmAx-3Bko
 

クレイマー、クレイマー

2012/11/11 01:51
 
 最後に観たのは、覚えていないくらい前。「泣ける映画」が観たいと思って選んできたのです。たまに見ている「グレーテルのかまど」という番組で取り上げられていて、断片的な映像だけ泣けたので・・・。そして、親になった今なら、どんな感じかな・・・という興味もあったので。
 夜、子供達は寝静まっているし、夫は仕事しているし、寝るには早いし・・・で、一人で見始めたDVD。一人で見て正解。もう、オエッって言うくらい、充分泣けました。ところが、泣いてすっきりするつもりが、色々考えてしまって、直ぐには眠れません。次の朝に、まぶたがパンパンに腫れるほど・・・(笑)。
 色々考えちゃったものだから、夫にも強く薦め、数日後、夫も一人で鑑賞。夫と二人で討論会になってしまいました。私はやはり、やや母親寄り、夫は完全に父親寄りの意見をぶつけ合って、結果、お互い完璧じゃないんだから、互いの立場を思いやるがことが大切だよね・・・と。裁判で争ってしまったがために、必要以上に深く傷つけ合ってしまった。深く傷ついたからこそ、わかったこともある。でも、時間は戻らないんだよな・・・と。

 昔見たことがあっても、大人になった、今だからこそ観るといい映画だと思います。まだの人も、観たことある人も、是非。
 
 9月、10月が何となく忙しく、半年前から準備していた図書ボランティアのイベントが終わり、ここ1週間ほどボーッと過ごしました。欲しい物も手に入れたし、特にこの2、3日はルナが熱を出して一緒に家に籠もっていたので、充分過ぎるくらいボサッと過ごして、充電完了。


クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション  [DVD]クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション  [DVD]
(2011/01/26)
ダスティン・ホフマン、メリル・ストリーブ 他

商品詳細を見る
 

  HOME  

プロフィール

はこ

  • Author:はこ
  • 夫と私、娘2人の4人家族で札幌郊外に暮らしています。
    毎日、よく笑い、よく食べ、よく眠る・・・そんな日々が幸せだと感じます。

CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。